[対象: 中〜上級]

Googleは、ウェブマスターツールの「検索クエリ」に以下の2つ改善を実行しました。

  • データを1の位までレポート
  • モバイル向け別サイトの詳細なレポート

データを1の位までレポート

これまでは、検索クエリの表示回数やクリック数は端数処理され、たとえば1,000や600のように丸められた数値でレポートに出ていました。
改善により、1桁単位の細かな数値を知ることができます。

1桁までレポートする検索クエリ

丸められていない、1桁までの細かな数値データを手にできるのはありがたいですね。
特に、検索の完全SSL化によりアクセス解析ツールで検索キーワードを取得できなくなった現在では最も頼れるのがウェブマスターツールの検索クエリなので、なおさらです。

モバイル向け別サイトの詳細なレポート

PCとは別のURLでモバイル向けサイトを構築することができます。

この構成を選択している場合、別URLのモバイル向けサイトの検索クエリを「モバイル」でフィルタした際のデータ表示に次の改良が加わりました。

2つ目の改良以前は、リダイレクトスキップが適用されたURLでもPCのURLの表示回数と一緒にウェブマスターツールはレポートしていました。
現在は、表示回数とクリック、CTRはモバイル向けサイトだけのデータになっています。

モバイル向けサイトのレポートの改善は、2013年12月31日以降から有効です(上で見せたスクリーンショットに、「過去の上位検索クエリ データの改善(13/12/31 適用)」という表示が見えます)。

モバイル向けサイトに絞った詳細なデータを検索クエリレポートで入手できるようになり、スマートフォンからのトラフィック状況の分析に役立てられます。
別ドメイン運用であっても、モバイル向けサイトを忘れずにウェブマスターツールに登録しておきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › ウェブマスターツールの検索クエリに2つの改善: データを1桁までレポート&モバイルのスキップリダイレクトをチェック可

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る