この海外SEO情報ブログの読者なら、Googleの「link:」検索で調べるバックリンク情報が、ほとんど役に立たないことを知っているはずです。

その理由を、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏がビデオで説明しています。(もちろん、彼は「役に立たない」などとは言ってませんw)

まず、大前提としてあるのがGoogleのlink:コマンドで表示されるリンク元ページは、サンプルで抽出されたごく一部であって、すべてではありません。

過去に表示数が倍になった経緯はありますが、それでも一部分です。

Google検索のいちばんの目的は、一般のユーザーに検索結果を提供することで、被リンク情報を与えることではないので、link:のクエリを処理するサーバーを十分に持っていないからです。

また、スパマーや競争相手がバックリンクをチェックして分析し、自分の上位表示に利用する「リバース・エンジニアリング(Reverse Engineering)」を防ぐ意味もあります。

Googleにとって、他人が管理するサイトの情報第三者に教える必要はないわけですし、第三者が他人のサイトの情報を必ずしも知る必要もありません。

妥協点として、Googleウェブマスターツールでサイトを登録すれば、自分のサイトのバックリンク情報を全部見ることができます
“practically all of the backlinks(実質的にすべて)”“vast majority(大部分)”と言っているので、完全にすべてのバックリンクということではなさそうです。

また、link:コマンドで表示されるリンク元ページは、完全にランダムに抽出されます。

以前は、PageRank4以上のページが高い順に並んでいたのですが、現在は関係ありません。

PRの高いページも低いページも、トラスト(信頼)のあるページもないページも、nofollowの付いていないリンクも付いたリンクも、まったく無関係に、ランダムに選んでの表示になります。

評価しているページも、評価していないページもどちらも表示します。
表示順もバラバラです。
上のほうが、評価が高いということはありません。

これも、リバースエンジニアリングを防ぐことが目的です。

したがって、link:コマンドの検索結果を見て、このページからのリンクはPageRankを渡すとか、Link Reputation(アンカーテキスト)を渡すとかを判断することはできません。

僕たちSEOを意識するサイト管理者からすると、link:コマンドはリバース・エンジニアリングのためにこそ使いたいので、嬉しい説明ではありませんね。(笑)

被リンクチェックには、Y!さん(か、LSさん)に頼るしかありません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleの「link:」コマンドが使いものにならない理由

Comments

  1. By on

    SEOにおける他サイトの分析に”リバースエンジニアリング”という言葉を用いているのを初めて見ました。海外では一般的なのですか?
    リバースエンジニアリングというとプログラムを逆アセンブルしたりとか、そんなイメージがあります。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    海外では一般的なのですか?

    ITで良く使われる用語ですが、SEO用語としても普通に使われますよ。
    上位に表示されているサイトを分析して、上位表示の原因を調べることですね。

  2. By おに on

    こんなにはっきり「リバースエンジニアリングを防ぐ」って言われたら、
    今後も「link:」がGoogleで使えるようになることはなさそうですね。

    ちなみに、一点気になる箇所が。。。
    > 被リンクチェックには、Y!さん(か、LSさん)に頼るしかありません。

    LSさんって何ですか?!

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Link Share・・・、じゃなくてLive Searchです。Mのほうが分かりやすかったですかね。

  3. By on

    link:で出る数を「相対的にみる」はどう思われます?
    たとえば鈴木さんのブログでは141、私は44で約3倍ちょっとですけど、実際の数で考えたら300倍とか3000倍(それ以上)ですよね。
    コレもアテにならないのかな・・・ なりそうもないですね。
    書きながら思いましたw

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    全リンクの何パーセントかを出しているんじゃないかというのは、僕も感じています。
    でもそうだとしても、表示される被リンクには味噌もク○も混ざってるのでは(笑)、どのみち使い物になりませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る