記事のワード数が少ないか、記事と広告との比率が正しくないせいで、ペナルティを受けたようだ。大多数は500ワード以上だろうけど、僕のサイトでは200ワードしかない。

米国版のGoogle Webmaster向け公式ヘルプフォーラムで上のような投稿がありました。
Google社員のSusam Moskwa(スーザン・モスクワ)氏が次のようにコメントを返しています。

アルミ箔帽(“tin foil hat”、皮肉を込めた表現だと思いますがうまく訳せません)のSEO記事の読み過ぎのようですね。読む価値のある、オリジナルの記事を提供している限りは(たとえばAdSenseを掲載するために作られたサイトではない)、テキストと広告の黄金比率や上位表示するために必要な最低文字数というものは存在しません。「木を見て森を見ずに」なっているのではないでしょうか?

検索に対してサイトを最適化するというのは、ページの文字数を数えるということではありません。役に立つ便利なコンテンツを確実に作って、そのコンテンツに検索エンジンがアクセスできるようにすることです。

言い換えると、すべてがすばらしくて、記事がたった200ワードだという点を除けば上位表示しただろうなんていうサイトは今までに見たことがありません。アルゴリズムはそんなことを見てないということです。あなたのサイトの順位がよくないとしたら、間違いなく別のところに原因があります。

「1ページの記事の文字数は、何文字以上書かなければなりませんか?」という質問をセミナーや問い合わせなどで今までに幾度となく僕も受けたことがあります。

とても的を外している質問です。

「何文字だからいい」、「何文字だからダメ」という問題ではないですよね。
あなたが伝えたいことを伝えるのに必要な分だけ書いてください。

Twitterならいざ知らず、ほんの1、2行、100文字程度でユーザーにとって有益な情報を提供できるケースはそうそうないと思います(アメ◯ロの芸能人ブログは、あれであれでいいのでしょうが)。

かと言って長ければいいのかといったらそういう問題でもないでしょう。
ダラダラと不必要に長い、冗長な記事は読みたくないものです(最近、記事量が多くてスミマセン)。

小学生の読書感想文の宿題にある「原稿用紙2枚以上」みたいなことに気を取られて記事を書くのはやめにしましょう。

スーザンさんも言っているように、文字数が多いとか少ないは問題ではありません。
コピーすればいくらでも長くできるし、かといって広告やアフィリエイトリンクだけの独自コンテンツのないページが評価されるはずがありません。

僕たちにとってSEOは重要です。
でも、「検索エンジンに評価される文字数は?」のような、SEOしか考えない脳ミソになると意味のないことに思考を注ぐことになってしまいます。
そしてSEOに失敗します。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › SEOに最適な記事の文字数は何文字?

▲ページの一番上に戻る