[レベル: 上級]

購読制のコンテンツの利用を簡単便利にする手段を Google が導入します。
“Subscribe with Google” と呼ぶ仕組みです。
日本語では「Google で購読」という名称になるようです。

Google アカウント連携で数タップで登録完了

たとえば、有料会員向けの記事をニュースサイトが提供することは一般的です。
初めて有料会員に登録する時は、氏名やメールアドレス、ユーザー名、パスワード、そして支払い方法などのさまざまな情報を入力しなければなりません。
面倒な作業だし、スマホでは入力はなおさら手間です。

Subscribe with Google では Google アカウントに登録されている情報を利用して Google とは別のサイトの有料コンテンツに申し込みできます。
メールアドレスは Google アカウントのものが利用されるし、支払い方法は Google ペイメントの情報が利用されます。

そのほかの情報も含めてフォーム入力の必要はなく、数タップで購読申し込みが完了します。

個人情報を送信しないのでセキュリティ的にも安全です。

購読しているコンテンツの管理も Google アカウントから可能です。
どのニュースサイトで有料コンテンツを購読しているかが一か所でわかります。

どのデバイスからでも利用可能

Subscribe with Google では、購読コンテンツの登録情報は Google アカウントに紐付いています。
Google アカウントにログインしている限りは、スマホでも PC でもタブレットでも特別な作業なしに購読コンテンツにシームレスにアクセスできます。
端末を変えるたびに、わざわざそのサイトでのユーザー名やパスワードを入力してのログインがいらないということですね。

また Google ニュースでは購読しているニュースサイトの記事だけに絞り込むことができます。
購読しているということは、そのニュース社を信頼しているし記事が好きだということの表れのはずで、そこが発行した記事を優先的に読みたいという要求は自然です。

Your Subscription

お気に入りのパブリッシャーの記事の見つけやすさも Subscribe with Google の特徴と言えるでしょう。

Subscribe with Google は、パートナーのパブリッシャーが試験的に導入しています。
日本からは毎日新聞が加わっています。

ローンチ パートナー

ニュースサイトに限らず、購読制のコンテンツを発行しているなら Subscribe with Google を利用できるはずです。
実際に導入するには、専用の申請フォームから関心があることを Google に申し出てコンタクトをもらう必要があると思われます

Subscribe with Google のさらに詳しい内容は公式アナウンス専用サイト日本語サイトあり)で入手できます。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Subscribe with Googleをグーグルが導入、購読コンテンツの利用を簡単便利に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る