[レベル: 中級]

Search Console で構成できた「使用するドメイン」の設定を Google は廃止しました。
すでに利用できなくなっています。

www あり・なし の優先設定は Google が判断する

検索結果に、www ありの URL を表示するかそれとも www なしの URL を表示するかを指定できるのが「使用するドメイン」設定です。

使用するドメイン

旧バージョンの Search Console で利用できました。
新バージョンの Search Console には移行されていなかったものの、機能としては残っていて有効でした。
しかしながら、旧 Search Console からも今は削除されています。

どのように構成していたにせよ、「使用するドメイン」の設定は検索にはもう利用されません

www ありと www なしのどちらのドメイン名を検索結果で優先するかは、今後は Google が判断します。

もしくは、次を構成することによって優先すべきドメイン名をサイト管理者は Google に伝えることができます。

  • rel="canonical" リンクタグを使用する
  • rel="canonical" HTTP ヘッダーを使用する
  • サイトマップを使用する
  • 優先するドメイン名に 301 リダイレクトする

いわゆる正規化ですね。
それぞれの構成に関してはヘルプページに説明があります。

ここでは触れられていませんが、正規化のシグナルとしては内部リンクも用いられることがあります。
内部リンクの URL も www あり または www なし のどちらかに統一しておきましょう。

おそらく、このブログの読者のみなさんは、リダイレクトや rel=”canonical”、サイトマップで正規化しているはずです。
したがって、「使用するドメイン」機能が廃止されてもまったく問題ないでしょう。

新規にサイトを公開して「使用するドメイン」もついでに設定しようとしたときに、あれ?ない!? と焦らないようにだけ気を付けておいてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Search Console(旧バージョン)の「使用するドメイン」設定が廃止。今後はGoogleが判断、もしくは他の正規化手段を利用する

▲ページの一番上に戻る