Googleはリンクの売買を禁止しています。
リンクを販売しているサイトのツールバーPageRankをGoogleが下げるのを日本でも見かけるようになってきました。

しかし、ありとあらゆる有料リンクをGoogleは禁止しているわけではありません。
Googleが禁止しているのは検索結果を操作するためのリンクの売り買いです。
Google風に言えば「PageRankを転送するリンクの売買」ということになります。

ではPageRankを転送しないリンクならリンク売買は許されるのでしょうか?

答えは「YES」です。

上のビデオでGoogleのMatt Cutts氏も述べているようにGoogleが気にかけるのは、PageRankを渡し検索結果を左右することを目的とした有料リンクです。

PageRankを渡さない有料リンクは許されます。

すべての有料リンクが Google のガイドラインに違反するわけではありません。リンクの売買も、検索結果の操作でなく宣伝を目的として行われる限り、ウェブ上での通常の経済活動となります。

ウェブマスターツールヘルプの『有料リンクを Google に報告する必要がある理由』からの引用です。

お金をかけた宣伝は資本主義社会のなかでは、ごく当然の商業活動です。
そこまでGoogleは禁止していません。

それでは検索順位上げるための有料リンクではなく純粋に宣伝効果を目的としての有料リンクであることをGoogleに知らせるにはどうすればいいかというと、nofollow属性をリンクに付けるだけです。

上のビデオでもMatt Cutts氏が説明しているし、ヘルプにも書かれています。

    広告として購入したリンクでは、そのことを明示する必要があります。この処理は次のような方法で行うことができます。

  • rel=”nofollow” 属性を <a> タグに追加する
  • robots.txt ファイルによって検索エンジンからブロックされる中間ページにリンクをリダイレクトする

※2つめの方法は、直接相手先にリンクするのではなく別のページを1つ間に“噛まし”ます。そして、その間に挟んだページを検索エンジンがクロールしないようにrobots.txtでブロックしておきます。
リンク元ページ ⇒ 中間ページ(robots.txtでブロック) ⇒ リンク先ページ

PageRankを転送しない(=Googlebotがリンク先ページをたどらない)ようにしておけば、ランキングには何も影響を与えなくなります。

広告枠を買っている理由が宣伝活動にあるなら、それをGoogleに分かるようにしておけばいいのです。

nofollow属性が付いていれば有料リンクであっても、Googleにとってはまったく問題のないリンクになります。

PageRankのPRではなくPublic RelationsをPRを目的にしているなら何ら問題ないわけですよね。
いわゆるバナー広告と同じです。

ただしGoogleが用意した土俵で闘うなら、つまりGoogleの検索結果に含めてもらいたいならGoogleが定めたルールに従って買ったリンクだと分かるようにしておけということですね。

「Googleの検索順位など関係ない」というのであれば、わざわざnofollowを付けたりすることはありません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 有料リンクは「悪」ではない

Comments

  1. By on

    鈴木さん、初めまして。

    こちらのブログを2、3年くらい前から、
    度々拝見させて頂いておりますが
    今回が初コメです^^

    リンクの売買はNGというポリシーが
    グーグルにはありますが、
    リンクを獲得するためにプレゼントを用意して
    リンク獲得キャンペーンとかもやっぱりダメなんですかね?

    例えば、自分のメールマガジンの購読者に、
    「最高のコンテンツを作ったら良かったらリンクしてね。
    リンクしてくれた人には特典あげるよ。」みたいな。

    これもある意味、有料リンクになってしまうと思いますけど、
    グーグルさんに言うところのPaid Linkになるんでしょうか。

    今回の記事をみて、ふと頭に浮かんだので
    コメントに書いてみました^^

    P.S 

    鈴木さんの過去記事に本日自分のブログに投稿した記事内から、
    リンクを貼らせて頂きました。

    GAでURLとページタイトルを同時表示させるブックマークレットを紹介させて頂きました!

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    無料プレゼントと引換のリンクにペナルティ」という事例が過去にあったので、NGでしょうね。
    基本的に自発的でないリンクは認めない方針だと思います。

    ただ提案にあるようなのはバレなければイケそうですね。
    うまくやるぶんには、いいんじゃないでしょうか?(笑)

    記事紹介ありがとうございます。 :)

  2. By on

    >「無料プレゼントと引換のリンクにペナルティ」という事例が過去にあったので

    なるほど。こんな事例があったんですね^^;

    nofollowがついたソーシャルメディアでリンクしてもらうような
    特典付きのキャンペーンを行なって、まず無理矢理バズらせてから、
    そのバズに乗って自然なリンクを貼ってくれる人達が現れるのを
    期待するっていうやり方なら限りなくホワイトに近そうですね(笑)

    >記事紹介ありがとうございます。 :)

    いえいえ。今月からブログ始めたばかりなので、
    これからも必要なときには参照ページとして
    リンクを貼らせて頂きます。

    紹介ページはフォームのウェブサイトURLに入れておきました。
    前回はサイトのトップページのURLをフォームに入れてしまったようなので。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    有料リンクに相当するかどうかは最終的にはGoogleの判断になってしまうし、その時々で判断も違ってくる気がします。
    でも、いろいろ挑戦してみるといいですね。
    良くも悪くも結果たでたら教えてください。

▲ページの一番上に戻る