nofollow属性の付いたリンク(a href=”xxx” rel=”nofollow”)は、サーチエンジンにはリンクとしてみなされない、というのはSEOに取り組んでいるウェブマスターなら、知っていて当然のことです。

しかし、Google Webmater Tools(グーグル ウェブマスター ツール)には、nofollowがついたインバウンドリンク(バックリンク)も外部からのリンクとして、表示されます。

これはどういうことなのでしょう?

答はシンプルです。

Google Webmaster Tools(グーグルウェブマスターツール)には、Googleが認識するすべてのインバウンドリンクが表示されます。

nofollowが付いているかいないかは、関係ありません。

しかしながら、nofollow属性が付いたリンクは、サイトの評価を上げるリンクとしてはカウントされません。
つまり、サーチエンジンに対するSEO対策としては、効果がないということです。

nofollow属性の付いたリンクの取り扱いについては、GoogleとYahoo!で違いがあります。

●Googleの場合
nofollow属性が付いたリンク先のページは、たどらないし、インデックスしない。
したがって、SEOのため(上位表示のため)のリンクとしての評価対象にはならない

●Yahoo!の場合
nofollow属性が付いたリンク先のページは、たどり、インデックスする。
link:構文で調べた場合も表示する。
Yahoo! Site Explorer(ヤフー サイトエクスプローラ)でも、インリンクとして表示される。
しかし、Google同様、SEOのため(上位表示のため)のリンクとしての評価対象にはならない。

GoogleもYahoo!も、nofollow属性が付くと、SEO対策のバックリンクにはならないということです。

でも、実体験からヤフーはnofollowがついていても、評価されるリンクとしてカウントされているようです。

あなたはどう思いますか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › nofollowリンクがGoogle Webmaster Toolsに表示される?

▲ページの一番上に戻る