[レベル:全員]

「トラスト」というランキング指標について詳しく説明してほしい。Googleの社員がときどき触れることがあるが、この件に関するGoogleの公式文書は見当たらない。

GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が回答しました。

「トラスト」というのは僕たちが包括的に使っている用語だ。

たとえばPageRankはもっともよく知られているタイプのトラストだ。PageRankは、リンクを見ていてそのリンクがどのくらい重要かを見ている。だから質の高いリンクをたくさん持っていれば、Googleに対して多くのトラストを得る傾向にあると言える。

(ランキングの)指標は他にもある。僕たちは、200個以上の異なる指標をランキングを決めるのに使っている。

ただトラストといったような概念にこれらの指標を分類することは可能で、特定のクエリにどのくらいマッチしているか、どのくらいそのトピックに沿っているか、ユーザーが入力したことに基づいた情報取得スコアがどんなかなどがトラストには含まれる。

PageRankはこれらのトラスト型アルゴリズムの1つで、僕たちが使っているいくつかの言葉でいうと“Reputation”(レピュテーション、評判)や“Trust”(トラスト、信頼)、“Authority”(オーソリティ、権威)を判断するものだ。

「Trust Rank」(トラストランク)と明確に呼ぶようなものを僕たちは持っていないし、「Authority Rank」(オーソリティランク)とかそんなような明確に名前を付けているものは持っていない。

基本的には、全体的なスキームのなかで、レピュテーションがどのくらいあるか、これはクオリティの高いページ・サイトかをどのくらいの自信を持って言えるかといったことを僕たちは言っている。

一般的には、みんな自分のサイトをとても評判のいいサイトにしたいはずだし、それと同時にユーザーが入力したトピックに関するページにしたいはずだ。

理想的なのは両方を達成することだ。つまりレピュテーションという尺度においても非常に評価が高いし、かつ正確にユーザーが入力して探しているものであってユーザーが入力しているものにマッチしているものを見つけることだ。

トラストやレピュテーション、オーソリティといったように僕たちはたくさんのいろいろな言葉を使っている。PageRankは、こういったものの具体的な例だ。

だけどもっと一般的な意味でトラストという言葉を僕たちは使っている。特定のアルゴリズムを通常は指していない。

何について書かれたサイトであれ疑問に答えられる限りは、たとえ検索キーワードをまったく知らなかったとしても、標準的なユーザーが見たときにどのくらい質の高いページだとみなすか、どのくらい本当に役に立つページだとみなすかといったことを判断するために単に使っているのがトラストだ。

PageRankのようにTrust Rank(トラストランク)といった指標、アルゴリズムは存在しないということです。

GoogleのMaile Ohye(マイリー・オイェ)さんも(僕は参加していない)海外のカンファレンスでトラストランクというものは使っていないとプレゼンのなかで話したようです。

サイトの信頼度や評判、権威などを総合的に表す言葉として「トラスト」を使っているにすぎないということですね。

「PageRankが5」のように「Trust Rankが4」というように特定の数値で表すものでは、どうやらなさそうです。

「Googleは“Trust Rank”というアルゴリズムを使っていて、どうのこうの……」といった説明は、その人が独自に使っているということになりますね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google マット・カッツ、「トラストランクなどというアルゴリズムは存在しない」

▲ページの一番上に戻る