[対象: 全員]

Googleアナリティクスのソーシャルレポートを利用してバックリンクを調べる方法を以前に紹介しました。

GoogleアナリティクスのUI変更に伴い、このバックリンクチェックがとても簡単にできるようになりました。

前の手順ではあっちに行ったりこっちに行ったりで、慣れるまでは迷うことがあったかもしれません。

でも今はずっと素早くアクセスできます。

トラックバック レポート

[トラフィック] – [ソーシャル] のなかに [トラックバック] というメニューができています。

Googleアナリティクスのナビゲーションメニューにあるトラックバックレポート

この「トラックバック」が自分のサイト内のページに張られたバックリンクをレポートしてくれます。

リンク経由のトラフィックが分かる

Googleアナリティクスのトラックバックのいちばんのメリットはそのリンクをたどってやってきたトラフィックの数を確認できるところではないでしょうか。

「訪問」のカラムがそのリンクを経由してやってきたトラフィックの数になります(矢印の先)。

トラックバックレポート

アドバンスセグメントと組み合わせればコンバージョンしたトラックバック(リンク)だけを調べることもできそうですね。

本当に価値のあるリンクはユーザーを運んでくれるリンク、もっと言えばコンバージョンするユーザーを運んでくれるリンクです。

それにリーズナブルサーファーモデルに基づけば、ユーザーがクリックするリンクをGoogleもより高く評価しているかもしれません。

リンク元ページを分析する

レポートの右にある「その他」をクリックすると出てくる「トラックバックを表示」を選択するとリンクを張っているページを見ることができます(上の画像の赤の楕円)。

たとえば次のようなことをやれば今後の被リンク獲得に役立つはずです。

  • 誰(どんなサイト)がリンクしたのかを知る
  • どうしてリンクしたのか、その意図を推測する
  • どんな種類のコンテンツにリンクが張られているかを分類する
  • なぜクリックされたのかを考える

Googleにばれない人工リンクの作成に意識を向けるよりも、本当のトラフィックを創出する自然なリンクを理解することにこれからは注力したほうがいいと僕は思います。

簡単にアクセスできるようになったGoogleアナリティクスの「トラックバック」レポートを使ってあなたのサイトに張られてるバックリンクを調査してみてください。

新たな発見があるといいですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogleアナリティクス › Googleアナリティクスのトラックバックで被リンクを簡単チェック

Comments

  1. By にしざわゆうき on

    すずきさん、おはようございます。

    なんて有益な情報なのでしょう!

    どこから誰がこんなコンテンツからアクセスしたかがわかれば、
    コンバージョンを上げる為に、どのような工夫をすればいいのか?

    という事が非常にイメージしやすくなりますね。
    コンバージョン50%を超える記事…なんて夢じゃなくなってしまいそうですね。

    >Googleにばれない人工リンクの作成に意識を向けるよりも、本当のトラフィックを創出する自然なリンクを理解することにこれからは注力したほうがいいと僕は思います。

    おっしゃる通りで、今回のような記事を見ると、
    「外部リンクなんてただ順位が上がるだけで、
     コンバージョン率一切変わらないんだからもうやめよう」
    という事は一目瞭然ですね。

    私のお客様でも、執拗に外部リンクにこだわるお客様がいますが、
    この記事を見せれば納得してもらえるような気がしました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    すべてのバックリンクが出るわけではないのですが、それでも役に立つレポートですね。
    上手に活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る