[対象: 中〜上級]

Googleのクローラはnofollow属性が付いたリンクをたどらずリンク先ページにPageRankを渡しません。

しかしたとえnofollowリンクであってもURLの発見には使うようです。

オーストラリアのSEOコンサルタント、Dan Petrovic(ダン・ペトロヴィック)氏が今年の2月に参加したGoogle+のハングアウト(ビデオチャット)でGoogle社員のJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がそのように説明したとのことです。

Nofollow basically prevents PageRank from passing. Discovery is allowed however.

Googleは、ハイパーリンクが貼られていない単なるテキストとしてのURLであっても新しいコンテンツ(URL)の発見に使うくらいなので、nofollowリンクといえども利用するのはさほど不思議なことではないかもしれませんね。

気を付ける点があるとすれば、nofollowタグではクローリングを完全に防ぐことはできないことです。

nofollowリンクを直接たどらないにしても、URLの存在を知ることでそのページの取得を試みる可能性があるからです。

クロールを拒否するならrobots.txtが確実でしょう。

ただしrobots.txtでブロックしても検索結果に出てくることがあります。
検索結果に表示させたくないならnoindex robots metaタグに頼るということになります。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › nofollowタグはPageRankを渡さないがURLの発見には使われる

▲ページの一番上に戻る