[レベル: 初級]

Google は、ウェブスパムに対する 2017 年の取り組み状況をウェブマスター向け公式ブログで報告しました。

この記事では、具体的な数字が言及されている成果を抜き出して紹介します。

Google の 2017 年のスパム対策実績

  • 何年もの間、ユーザーが訪問した検索結果のうちスパムサイトは 1% 以下――過去数年間は0.5%以下に減らせている
  • 2017 年に増加傾向にあったスパムの1つがハッキング。2017 年はハッキングされたサイトの 80% 以上を検出し検索結果から削除できた
  • アルゴリズムの改善と大規模な手動対策による不自然リンクの削除の取り組みに賭けた結果、リンクスパムが対前年比でほぼ半分に減った
  • ユーザーから報告があった9万近くのスパムレポートに基づいて手動対策を実施した
  • 登録サイトで発見された問題を通知する 4,500 万のメッセージを Search Console 経由で送信した――うち 600 万以上は手動対策の通知
  • 250 以上のオンライン オフィスアワーとオンライン/オフライン イベントを世界 60 以上の都市で実施し、計 22 万人以上が参加した
  • 世界中の公式ヘルプフォーラムで、100 人以上のトップレベルユーザーが 63,000 件のスレッドに 28 万の投稿を書き込んだ(僕のも含まれてます!😃)

Google が 2017 年に 4,500 万サイトに通知を送信し 600 万件の手動対策を実施したことを先日もお伝えしました。
今回の公式ブログ記事ではさらに多くのデータが公開されたことになります。

スパム撲滅のために Google にはよりいっそう頑張ってほしいですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleが2017年のウェブスパム対策の取り組みを報告――スパムサイトはユーザーが訪問した検索結果の1%以下、リンクスパムは半減

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る