[レベル: 上級]

求人検索に適用されるために必要な JobPosting 構造化データにおける、テレワーク用の仕様を Google は変更しました。
additionalProperty プロパティの代わりに jobLocationType プロパティを使います。

JobPosting 構造化データのテレワーク用マークアップ

テレワークが可能な職種は従来は次のようにマークアップしていました(余談かもしれませんが、“テレワーク” は日本語です。遠隔で働くことを英語では、“Telecommute”(テレコミュート)と言います)。

"additionalProperty": {
    "@type": "PropertyValue",
    "value": "TELECOMMUTE"
  }

サポートをすぐに打ち切る予定はないとのことですが、additionalProperty の利用を Google は現在は推奨していません。
今後は、jobLocationType をテレワーク用に使用します。

jobLocationType は、テレワークの勤務場所の条件を今までよりも細かく設定できます。

会社での勤務またはテレワークのどちらかの場合

会社や店舗など物理的場所で勤務するか、またはテレワークで勤務するかのいずれかの場合は、次のようにマークアップします。
テレワークの部分を "jobLocationType": "TELECOMMUTE" で設定します。

"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "addressLocality": "港区",
    "addressRegion": "東京都",
    "addressCountry": "日本"
  }
 },
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"

この場合、港区のオフィスで勤務する採用とテレワークの採用があります。
テレワークの場合は、100 % テレワークである必要があります。
ときには赤坂の会社に行って、ときには在宅で働くという場合には jobLocationTypeTELECOMMUTE を設定しません。

(この後説明する)applicantLocationRequirements プロパティが jobLocationType プロパティに設定されていないときは、テレワークの場所は jobLocation プロパティで設定されている国(上の例では日本)になります。
したがって、上の例では米国在住の人はこの職種に就きたいなら、米国から港区のオフィスに通勤するか(!)、どこでもいいから日本に引っ越してテレワークするかです。

複数の場所でのテレワークが可能な場合

テレワークする場所が複数ありうる場合は次のようにマークアップします。
applicantLocationRequirements プロパティでテレワークの場所を指定します。

jobLocation"jobLocation": {
  "@type": "Place",
  "address": {
    "@type": "PostalAddress",
    "streetAddress": "赤坂2-14-4",
    "addressLocality": "港区",
    "addressRegion": "東京都",
    "postalCode": "107-0052",
    "addressCountry": "日本"
  }
 },
"applicantLocationRequirements": [{
    "@type": "State",
    "name": "神奈川県、日本"
 },{
    "@type": "State",
    "name": "埼玉県、日本"
 }],
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"

上の例は、港区のオフィスで勤務するか、またはテレワーク勤務するかのいずれかの求人です。
テレワークの場合は、神奈川県か埼玉県にいなければなりません(神奈川県、埼玉県の都道府県レベルで設定していますが、PostalAddress でもっと正確に指定できます。正確には、AdministrativeArea で指定できる値です)。

完全テレワークの場合

テレワークだけの場合は、次のようにマークアップできます。

"applicantLocationRequirements": {
    "@type": "Country",
    "name": "日本"
 },
"jobLocationType": "TELECOMMUTE"

日本にいればどこでもテレワークできます。
applicantLocationRequirements が指定されているときは、勤務地を指定する jobLocation は不要です(jobLocation が設定されていて applicantLocationRequirements がない場合は、テレワークの場所は jobLocation で指定されている国に自動的に設定される)。

テレワーク用に使用する jobLocationType の設定方法は以上のとおりです。
構成に際しては、デベロッパーサイトも必ず参照して確認してください(日本語ページは、この記事を公開する時点ではまだ更新前の状態。求人検索に限らず、最新の情報を得るためにデベロッパーサイトは英語を参照することを推奨します)。

日本での求人検索はテストが目撃されているものの、いまだ正式導入されていません(ちなみに、アジアではインドネシアとタイが最近追加されました)。
それでも、導入を見込んですでに導入しているサイトもあります。
テレワーク勤務の募集がある求人は新しいマークアップを利用するようにしてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPセマンティック検索 › Google、求人検索のJobPosting構造化データで設定するテレワークの仕様を更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る