[対象: AdWords広告主]

Googleは、Google.comでのSSL検索において、広告をクリックしたときのリファラーからクエリデータを取り除くことを公式に発表しました。
検索の安全性をよりいっそう高めることが目的です。

この実施によりAdWords広告のキーワードデータの入手方法に変化が及ぶ場合がありますが、AdWords本体のレポートには影響しません。

AdWords管理画面ではクエリデータを入手可能

AdWordsの検索語句のレポート(とGoogleウェブマスターツールの検索クエリレポート)では引き続き詳細な情報を利用できます。
これらのレポートには影響しません。

影響を受ける可能性があるのはサードパーティ製のツールや自社開発したツールになりそうです。
しかしこちらもその実装方法によってどの程度の影響を受けるかは変わってくるでしょう。

今後のベストプラクティス

以下は、公式アナウンスに書かれているベストプラクティスの日本訳です。

レポートの作成やキーワードの自動生成、ランディングページのカスタマイズのためにリファラーに含まれるクエリを利用しているなら、次の代替策を提案します。

  • クエリデータによるレポートの自動生成やキーワード管理の自動化に関しては、Search Query Performance reportのAdWords APIかまたはAdWords Scripts Report serviceを使うことを勧めます。
  • ランディングページのカスタマイズに関しては、クエリではなく広告のクリックを発生させたキーワードを利用することを勧めます。目標URLに含めたValueTrackパラメータを使うことによって、キーワードとマッチタイプをサーバーに渡すことができます。

 

影響は少なめか?

昨日、AdWordsのキーワードデータが取得できなくなるという情報が出てきました。

非公式な情報でしたが関係者は気が気でなかったはずです。

僕はAdWordsから離れて久しいので言い切ることはできないのですが、恐れていたほどのショッキングな影響は出ないのではないでしょうか。

広告経由のリファラからキーワードが消えるものの、AdWords自身のレポートに関しては今までどおりです。
もっともGoogleアナリティクス単独のレポートではキーワードが見えなくなるでしょうけどね(オーガニックと同じく「(not provided)」になるのでしょうか?)

問題となるのはツールです。
こちらはどのような仕組みで動いているかに依存します。

いずれにしても、影響はゼロではないにしても広告運用に大きな支障が出る広告主は少ないのではないかと思います。

【UPDATE】
リファラーから削除されるのは、ユーザーが検索ボックスに入力したキーワードです。AdWordsでは「検索語句」と呼びます。広告主が広告表示のために設定した「キーワード」とは区別されます。この記事のタイトルは「キーワードを削除する」となっていますが、正しく言えば「検索語句」になります。誤解を招く恐れがあったので、記事公開後に(カッコ内に)追記しました。

P.S.
公式アナウンスでは「Google.com」として言及されています。
それに従って、この記事でも冒頭では「Google.comでの」と書いています。
米Googleだけが対象で、Google.co.jpなど米国以外のGoogleには関係しないなんてことはないですよね?
AdWords広告主の方、気になるようならGoogleに問い合わせてください。

【UPDATE】
日本を含め全部のGoogleが対象になるようです。
AdWords公式コミュニティで広岡謙さんが確認してくれました。
広岡さん、情報提供ありがとうございました!

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 【公式】Google、AdWords広告経由のリファラーからキーワード(検索語句)を削除することを決定

Comments

  1. By 広岡 謙 on

    >米Googleだけが対象で、Google.co.jpなど米国以外のGoogleには関係しないなんてことはないですよね?
    私も気になっていたのでAdwords Forumで確認したところ、「全Googleサービスが対象=日本も対象になるよ」との公式な回答を頂きました。

    https://www.en.adwords-community.com/t5/Tracking-Reporting/About-Adwords-security-enhancement/td-p/339964

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    調査ありがとうございました。
    記事に追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る