[レベル: 上級]

dataset(データセット)の構造化データを Google がサポートするようになりました。
schema.org/Dataset の構造化データをマークアップすると、表形式で構成されたデータをリッチリザルトとして検索結果に表示できます。

定型フォーマットで整理したデータを検索結果に表示

dataset として定義できるデータの種類はさまざまです。
統一されたフォーマットで構成されたデータはたいてい dataset として利用できます。

たとえば、イメージしやすいのは CSV で保存されているデータです。
表形式になっていて、何らかのデータを系統的に提供しています。
独自の形式であっても、定型のフォーマットでデータをまとめていれば dataset として認められます。
コンピュータに読み込ませるデータは、定められたフォーマットになっていることが多いはずです。
そうしたデータも dataset としてマークアップ可能です。

検索結果には次のように表示されるようです。

dataset のリッチリザルト

左が、従来の検索結果です。
右が、dataset のデータがリッチリザルトとして表示されている検索結果です(非営利の組織や団体の創立に Google が費やした支出を報告したページですかね)。

当該ページには Dataset 構造化データがマークアップされています。

dataset を構造化データテストツールで検証

ただ実際には僕はまだ確認できていません。
検索結果への展開は始まったばかりなのかもしれません。

dataset は正式公開ではなく試験運用の段階です。
構造化データをマークアップしたとしても、検索結果には表示されないことがありえます。
それでも、将来のために準備しておくといいと Google は推奨しています。

技術的な仕様はデベロッパー向けサイトで確認できます。

定型フォーマットで何らかのデータをサイトで公開しているなら、dataset 構造化データをマークアップしてみてはいかがでしょうか?
検索結果でのプレゼンスを増すことに役立ちそうです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPセマンティック検索 › GoogleがDataset構造化データをサポート、表形式のデータを検索結果に表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る