[レベル: 上級]

音声検索のインターフェイスを Google アシスタント に Google は将来的に置き換えるかもしれません。

Google アプリの音声検索で Google アシスタントが起動

Google アプリの音声検索で Google アシスタントが起動する状態を確認できました。

Google アプリを起動して、検索ボックスにあるマイクアイコンから音声検索を実行することができます。

Google アプリから音声検索を起動
※キャプチャは Pixel Launcher から起動した検索

通常は、音声入力の待ち受けになります。

音声入力の待ち受け

ところが、Google アシスタントが代わりに起動して、音声の入力を待機します。

Google アシスタントが代わりに起動して、音声の入力を待機

直接 Google アシスタントを呼び出して検索した場合は Google アシスタントの中で結果が返ってきますが、この場合は Google アプリでの通常の検索結果が返されます。

Google アプリでの通常の検索結果

Google アプリでの通常の検索結果

音声入力のプロセスだけが Google アシスタントに置き換わった形です。

とはいえGoogle アシスタントが音声でも回答します(キャプチャでは表現できませんが)。
英語であれば、 “According to Wikipedia,…” や “Here’s some results from the web”、”These are the top results.“ と音声でも返ってきます。

Android Police によればサーバーサイドでのテストのようです。
すべての端末で変化が起きたわけではなさそうです。

また、Google アプリのバージョンにも依存すると思われます。
僕の環境では、Google アプリ ベータ版の v7.26.14.21 で確認できました。
でも、v7.26.16.21 にアップデートしたら元に戻ってしまい、通常の音声検索が今までのように動作します。

テストではなく、ひょっとしたら一時的な不具合の可能性も否定できません。

いずれにしても、音声検索のインターフェイスを Google アシスタントに統一するという仕様変更は考えられないことではないように僕は思います。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Googleは音声検索をGoogleアシスタントに将来的に置き換えるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る