Google Caffeine(グーグル・カフェイン)が、間もなく本格導入されると発表がありましたが、WebmasterWorldのスレッドによると、すでに始まっているのかもしれません。

ホリデーシーズンが終わるまでは、1つのDC(データセンター)だけでの稼働ということでした。

最初は、216.239.59.103のDCとの推測でしたが、こちらはMatt Cutts氏が否定しました。

代わりに疑われているのは、66.102.7.18のDCです。

ただこちらにしてみても、すべてのユーザー(クエリ?)がカフェイン(らしき結果)に当たるとは限らないようです。

あなたも、66.102.7.18いつものGoogleで、検索結果を比較してみてください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 次世代Google検索 “カフェイン”、ついに始動か

▲ページの一番上に戻る