グーグル爆弾
Google Bomb(グーグル・ボム、グーグル爆弾)と呼ばれる現象が存在したために、「miserable failure(惨めな失敗)」をGoogleで検索すると、ジョージ・ブッシュ現米大統領のホワイトハウスのオフィシャルページが、1位表示されていたのを知っていますか?

Goolgeの公式発表によれば、Google Bombは解消されたとのことでした。
1年ちょっと前の話になります。

しかし、実際にはまだGoogle Bombは、存在しているようです。

最近発見された、Google Bombは、「who is a failure(失敗者は誰)」です。

who is a failureで検索すると、1位表示されるのは、やっぱブッシュ大統領のホワイトハウスのページです。

「who is a failure」で検索するとブッシュ大統領がトップ表示

「who is a failure」の他にも「failure」を含む複数のフレーズで、ブッシュ大統領は1位表示されています。
「failure」が含まれたアンカーテキストで、リンクが張られているせいでしょう。

やはり、アンカーテキストの威力は絶大です。

Googleは、Google Bombが発生しないようにアルゴリズムを修整したと言っていますが、実際には人の手も借りているのかもしれませんね。

日本で有名なグーグル爆弾といえば、「18歳未満」です。

こっちは、修整する気はないんでしょうか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google Bomb(グーグル爆弾)が再び爆発

▲ページの一番上に戻る