[対象: 全員]

SEOのキーワード調査に欠かせないGoogle AdWordsのキーワードツールを間もなく利用できなくなります。

キーワードツールの役割はキーワードプランナーというツールが引き継ぎますが、Google AdWordsのアカウントへのログインが必要になります。

外部向けキーワードツールの終了予定

外部向けのキーワードツールにアクセスすると下のキャプチャにあるメッセージが表示されます。

外部向けAdWordsキーワードツール

今後数か月以内に、外部向けキーワード ツールはご利用いただけなくなります。キーワード候補を取得するには、AdWords アカウントにログインして、キーワード プランナーをご利用ください。

内容はメッセージそのままです。

具体的な期限こそ明記していないものの、外部向け、つまり誰でも使えるAdWordsのキーワードツールの提供は数ヶ月以内に終了します。

今後はキーワードプランナーを、ただしAdWordsアカウント必須

キーワードツールがなくなって、キーワード調査ができなくなるわけではありません。

キーワードツールが持っていた役割は、キーワードプランナーが引き継いでいます。

キーワードプランナー

キーワードプランナーを使うと、検索ボリュームをはじめとしたキーワードの統計情報とともに、トラフィックの見積もりデータも取得できます。
ただしキーワードツールとはいくつかの点で違いがあります(詳しくは公式ヘルプを参照)。

キーワードツールとの違いよりも、もっと大きな問題があります。

それはGoogle AdWordsのアカウントが必要だということです。

キーワードプランナーはAdWordsのなかで利用できるツールです。

つまりAdWordsにログインしていないと使えません

重要なのでもう一度繰り返します。

AdWordsへのログインが必須です。
Googleアカウントへのログインではないので注意してください。

ツールを使いたいならAdWordsアカウント開設の準備を

キーワードツールはもともとAdWordsの広告主のためのツールです。

でもSEOのキーワード調査にも大活躍するツールなのはご存知のとおりです。

外部向けキーワードツールが使えなくなったとしても、AdWordsのアカウントを所有していればまったく問題ありません。

しかしSEOのためだけにキーワードツールを利用していた人で、AdWordsアカウントを持っていなかったとしたら、間もなくキーワードツールを完全に使えなくなります。

もっともAdWordsアカウントの開設は、基本的には誰でも可能なので大きな障害にはならないはずです。

とはいえ、AdWordsは有料の広告サービスなので、氏名や住所、クレジットカード・銀行口座など支払い情報の登録が必要になってきます。

言い換えれば、身元を伏せた匿名でのキーワードリサーチが今後はできなくなります。

外部向けキーワードツールをGoogleが廃止する理由はわかりません。

ツールを単に統合するためなのか、身元のはっきりしたユーザーにだけツールを提供する方針に変えたのか、誰が何をどのくらい調べているのかを確実に把握したいのか、いろいろな推測ができます。

いずれにしても、Google製のキーワードツールを今後使うには、AdWordsアカウントが必要になることを認識してきましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPSEOツール › 【悲報】AdWordsキーワードツール終了(予定)のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る