Google Videoのロゴ Marketwatchによると、Nielsenの調査では、昨年12月のアメリカのGoogle検索のシェアは56.3%で、前月の57.7%を下回ったそうです。

しかし、Googleにとっては悲観すべきことでもなさそうで、検索サービスではなくビデオサービスでいうと、Googleのシェアは31.3%で、2位の4.4%(Fox Interactive Media)を大きく引き離して、ダントツの首位です。
CNN Moneyが報じています。

Googleは現在、2006年に買収したYoutubeと、それまで自社運営していたGoogle Videoとの2本柱で、ビデオサービスを提供しています。

Google検索のページビューとYoutubeのページビューの比較

上のグラフは、Google検索の1日のページビューとYoutubeの1日のページビューの比較です。
去年の半ばくらいから順位が逆転して、Youtubeのページビューが多くなっています。
それどころか、差は開き続けています。

1つ前の記事で、Yahoo!が検索結果にdel.icio.usを統合テスト中で、今年はSMOが欠かせなくなるだろうと書きました。

データを見ると、SMOにはソーシャルブックマークやSNSだけではなく、ビデオも含める必要があるとは思いませんか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google検索 シェアダウン、Googleビデオ シェアアップ

▲ページの一番上に戻る