Googleがユーザーに親切な検索機能を、またひとつ追加しました。

検索ボックスにアドレス(URL)を間違って入力した場合に、正しいと思われる候補を提示してくれます。

たとえば、「www.suzukikeichi.com」(kenichiのnがない)と検索してみると、下のような結果ページが表示されます。

Google URLミス修正
※クリックで拡大表示

「www.suzukikeichi.comとの一致はありません。」と言われるものの、正しいと思われる「www.suzukikenichi.com」が結果として表示されます。

Google Operating Systemブログによれば、ブラウザのアドレスバーとサーチエンジンの検索ボックスを同じものだと理解していて、検索ボックスにURLを入力するユーザーが多く、ユーザーがURLの入力を間違えた時の補正を目的としているとのことです。

SEOBook.comのAaron Wall氏は、この補助機能ついてファイル名の修整が不適切だったり、.comをcm、netをntとスペルミスしたときの修整ができていないと、批評しています。

まだ改善の余地はありそうです。

ただ、この海外SEOブログに関しては、「www.suzukikenichi.cm」で検索した場合でも修正候補を表示してくれます。

Aaron Wall氏は、ASP.netwww.ebay.comを例に挙げているので、メジャーなドメインについてはスペルミスを含んだウェブページが多いため、修正候補が表示されないのではないしょうか。

このアドレス修整機能によって、打撃を受けるウェブマスターが出てくるかもしれません。
それは有名なドメインのミススペルのドメインを所有して、入力間違いのユーザーのアクセスを待ち構えているウェブマスターです。
著名なドメインの1字違いのドメインは、海外では高値で売買されています。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、アドレスの入力ミスを修正して検索する機能

▲ページの一番上に戻る