数日前に、Googleが比較的大きなアルゴリズムのアップデートを実行しました。

今回の更新のいちばんの特徴は、”one word query”、「1つの単語での検索結果」が大幅に変動したことです。

単語と単語の関連性を、より的確に判断できるようにアルゴリズムが発展したようです。

シングルワードでの検索は、「Authority Site(オーソリティサイト)」、つまりGoogleに「権威がある」とみなされているサイトが、ますます上位に並びそうです。

The change for one-word queries is already live at some places and should be live at 100% of the datacenters in the next 2-3 days, for example.

グーグルのエンジニア、Matt Cutssは9/19に上のようにコメントしているので、すでにほぼすべてのデータセンターに変更が反映されていることでしょう。

また、今回のアップデートでは、ある問題が発生しました。

ある問題とは、ロングテールでのSERPS(検索結果ページ)に中国ドメイン(.cn)のスパムサイトが多数表示されるということです。

タイトルや説明がまったくの偽りのうえ、中国語ドメイン自体も詐称しているようです。
さらに悪いことに、サイトにアクセスするとウィルスに感染します。(–;

この中国スパムの問題を指摘されたMatt Cuttsは、彼のブログで次のように述べました。

There’s at least one infrastructure change we wanted to make in order to handle these better. Infrastructure changes take more time than just killing specific spam sites.

近いうちに、アルゴリズムで根本的な解決がなされることでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleアップデートと中国スパムサイト

▲ページの一番上に戻る