Googleは、どうやって検索結果の品質をチェックしているのか?

GoogleのDirector of Research、Peter Norvig氏が、Technology Reviewのインタビューの中で、回答しました。

We test it in lots of ways. At the grossest level, we track what users are clicking on. If they click on the number-one result, and then they’re done, that probably means they got what they wanted. If they’re scrolling down, page after page, and reformulating the query, then we know the results aren’t what they wanted. Another way we do it is to randomly select specific queries and hire people to say how good our results are. These are just contractors that we hire who give their judgment. We train them on how to identify spam and other bad sites, and then we record their judgments and track against that. It’s more of a gold standard because it’s someone giving a real opinion, but of course, since there’s a human in the loop, we can’t afford to do as much of it. We also invite people into the labs, or sometimes we go into homes and observe them as they do searches. It provides insight into what people are having difficulty with.

要点をまとめます。

  • ユーザーのクリックを追跡
    検索結果でのトップ表示のサイトをクリックして、そこで検索が完結すればユーザーは求めていた情報が手に入ったということで、検索結果のクオリティには問題はありません。しかし、ユーザーがページをめくっていったとしたら、欲しい情報が手に入らなかったということで、検索アルゴリズムを再考慮します。
  • ランダムに選んだ検索で、検索結果が妥当かどうかを人の目でチェック
    検索結果チェックのための契約社員を雇っています。彼らには、スパムサイトや悪質なサイトと、そうでないサイトの識別方法を教えています。
  • 一般ユーザーの行動様式を観察
    一般のユーザーをGoogleのラボに呼んだり、実際に自宅を訪れたりして、どんなふうに検索をしているかを観察してデータを取ります。

下のスクリーンショットは、2つの検索結果を比較してどちらが適切かを評価する画面です。

Google検索結果を比較して評価

Googleは、コンピュータによる自動化されたアルゴリズムだけではなく、人の手も借りて検索の精度を高めているようです。

以前に、Googleは10,000人のサイト評価者を採用していることを明らかにしています。

今後は、ますます小手先のテクニックだけでは通用しなくなってきて、コンテンツの質が問われるようになってくることは間違いないでしょうね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleが検索結果を人の目でチェック

Comments

  1. By on

    毎日楽しく読ませていただいております。
    大阪の仲居 一平です。

    Yahooはディレクトリ型検索で、人の目をある程度通しての表示なのは
    理解できるのですが、Googleが1万人のサイト評価者総動員してやっているとは・・・

    しかし、1万人の意見を統合するのも難しいでしょうね(笑)。

    問題になる現象(スパムなど)が発覚して、その手を打つ・・・
    この後追いの繰り返しをやっていても、永遠に順位結果が落ちつかないですね。

    一番大事なことは、問題の後追いではなくて、
    複数の問題から、1本筋の通った大きな対策を、細かいクレームにも動じないで
    打てるか、なんでしょうね。

    優秀な大勢のGoogle社員の緻密な反論に屈しないで、

    「俺が右といえば右なんだよ!」

    と英断を浸透させるTOPダウンマネジメントのできる人材が
    こういう業界には、必要なきがします。

    それが、間違ってしまうと洒落になりませんが(笑)。

    GoogleやYahooの今までのアルゴリズム変更の際の判断って、
    最大公約数意見を取り入れる、だけのような気がしますが・・・

    技術力の向上でできなかったことができるようになる事より、
    誰も決断できなかった、「こうしたら良いのに」と思う方向に、
    決断して持って行くことのほうが、すごいことのように思います。

    なにを書いているのか、わからなくなってきましたね・・(笑)。

    検索エンジンは、すでに1企業のツールでは無くなってきていると
    思います。

    本業の収入よりも、徹底的に利用者のメリットを追求する姿勢が
    大事だとおもいます。

    すみません、
    いつも鈴木さんのブログを読むと、いろんな考えが勝手に浮かんできて、
    収集がつかなくなるんです。(笑)

    有り難うございます。

  2. By 【海外SEO】鈴木謙一 on

    中居さん

    いつもコメントありがとうございます。

    > いろんな考えが勝手に浮かんできて、収集がつかなくなるんです。(笑)

    自分自身との対話にどんどん利用してください。(笑)


    すずき

▲ページの一番上に戻る