[レベル: 初級]

Googlebotのクロール活動が突然活発になったとしても、それは手動の対策とは関係ありません。

クロール活動と手動対策は無関係

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が、クロール活動と手動対策の関係について Twitterでフォロワーから質問を受け、回答しました。

[フォロワー] Googlebotの活動が急上昇するのは、ペナルティに対してGoogleがそのサイトを検査している証拠だというのは確かなことですか?

[ミューラー氏] いや、そんなことはない。手動の対策とはクロールは通常は無関係だ。

Googlebotのクロール活動は、Search Consoleのクロールの統計情報や、サーバーログで調べることができます。

Search Console、クロールの統計情報

たとえ、活動が急に活発になったとしてもそれは手動の対策とは関係がないということです。

聞くまでもない質問のように思います。
スパムらしき要素を発見すると、Googlebotがサイト全体をくまなく調査し始め、その結果としてクロール頻度が増えると、質問者は考えたかそう聞いたことがあるんでしょうかね。

いずれにしても、クロール活動が手動対策と無関係なのは確かなことです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googlebotのクロール活動の急上昇はペナルティとは関係ない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る