[レベル: 初級]

JavaScriptで生成されたコンテンツであっても、通常のHTMLで作られているコンテンツと同じようにGoogleは評価します。
JavaScriptだから評価が下がるということはありません。
JavaScriptを利用したコンテンツで重要なことは、Googlebotが正しくレンダリングできているかどうかです。

JavaScript と HTML の評価は同じ

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏にTwitterでフォロワーが次のように質問しました。

私のサイトのJavaScriptをGooglebotがクロールすることについて不安があります。JavaScriptによって作られた要素は、HTMLよりも重要度が下がることがありますか?

ミューラー氏はこう答えます。

いいや。JSで生成されたコンテンツは(私たちがレンダリング、インデックスできれば)、HTMLと同じように扱われる。

つまり、JavaScriptで生成されたコンテンツとHTMLで作られているコンテンツの評価は同じです。
優劣はありません。

JSかHTMLかは問題にならない

「JSコンテンツはHTMLコンテンツよりも評価を下げるべきだ」という合理的な理由はありません。
Googleが重視しているのは、検索ユーザーに最適な検索結果を返すことです。
コンテンツが、JSで動的に作られていようが通常のHTMLとして存在していようが、ユーザーにとっては関係がないことです。

こう考えれば、質問するまでもなく答えは自ずと出てきますよね。

問題になるのはレンダリング、今後は特にモバイルで

ただし、JavaScriptでコンテンツを生成する場合には気を付けることがあります。
それは、Googlebotが正しくレンダリングできているかどうかです。
JavaScriptをGooglebotが正常に実行できていないと、コンテンツを認識できません。
したがってインデックスできなくなります。

Googlebotが正しくレンダリングできているかどうかは、Fetch as Googleのレンダリングで検証できます。

モバイルファーストインデックス導入後は、モバイル向けページがインデックスの対象になります。
Fetch as Googleレンダリングする際には、今後は、スマートフォン向けのGooglebotを選択して検証するようにした方がいいでしょう。

モバイル: スマートフォン

Fetch as Googleのレンダリング結果

また、GooglebotがJavaScriptを実行できるように、(メインコンテンツの生成に必要な)JavaScriptには必ずアクセスできるようにしておきます。
robots.txtでブロックしてはいけません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › JavaScriptで作られたコンテンツはHTMLよりもGoogleの評価が低いのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る