[対象: アフィリエイター]

今日のトピックは珍しくアフィリエイターのみなさん向けです。

アフィリエイトサイトでは、ASPから提供されたアフィリエイトリンクをそのまま使用せずに別のURLに変換して設置することがあります。

理由は様々ですが、アフィリエイトリンクが多いとGoogleの評価が落ちるので内部リンクにいったん置き換えてからリダイレクトしてASPが発行した本来のURLに戻すのがいいと信じている人が多いのではないでしょうか。

つまり内部リンクに見せかけてアフィリエイトリンクであることをGoogleから隠すことが目的になります。

果たして効果のあることなのでしょうか。

英語版のGoogleウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムでGoogle社員のJohn Mueller(ジョン・ミューラー)が次のようにコメントしています(質問者は逆に、利用しているツールのせいでアフィリエイトリンクが自動で内部リンクに置き換わってしまうことがマイナスになるのではと心配しています)。

リンクが隠されてしまっていても(内部リンクに置き換えられても)我々は気にしない。我々の視点では何も変わらない。

リンクがアフィリエイトリンクであること、つまり最終地点がどこであるかはたいして問題にならない。そう考えるとアフィリエイトリンクをGoogleから隠すことにもSEO的なメリットは何もない。

リンクを隠すことは我々のアルゴリズムに影響を与えたりしないと個人的には考える。自分なら、そういったゲーム感覚的なことはやめてウェブサイト全体のことに力を入れるだろう。

アフィリエイトリンクを隠そうが隠さまいが、Googleにとっては関係ないということになります。
隠したからといってマイナスになることはないし、同じように隠したからといってプラスになることもありません。

望まないのに勝手に置き換えられてしまうという人は心配しなくていいし、隠すことがSEOにおいてメリットになると考えている人はそう思い込んでいるだけ、ということになりますね。

すでに設置しているリンクをわざわざ修正する必要はないし、クリック計測のように隠すこと以外を目的に置き換えているならそのままで構わないでしょう。

でも隠すべきかどうかで悩んだり隠蔽することがプラスになると信じて手間ひまをかけたりしているなら別のことに時間を使ったほうがよさそうです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › アフィリエイトリンクを隠してもSEOにはプラスにもマイナスにもならない、Googleは気にしない

▲ページの一番上に戻る