リンクにnofollow属性を付けると、サーチエンジンがリンクをたどることを禁止し、PageRankやアンカーテキストを渡さないようにできます。

従来、検索エンジンはJavascriptを理解することができず、したがってJavascriptで書かれたリンクを、評価できませんでした。

結果的にJavascriptは、nofollowリンクのようにPageRankもアンカーテキストも渡さないリンクだったのです。

しかし、Googleに限っていて言えば、状況は変わっています。

Google, Matt Cutts(マット・カッツ)氏のビデオをご覧ください。

Can I use “nofollow” in JavaScript?

“Googleは、一部のJavascriptをクロールするようになったんだ。

また、Javascriptリンクに付いているnofollowもサポートするようになっているよ。
nofollowの付いたJavascriptリンクは、たどらないということだ。

だからJavascriptリンクをたどってほしくなかったら、nofollowを付けるといい。

また、Javascriptのリンクをたどらないようにするいちばん確実な方法は、Javascriptを外部化してrobots.txtでブロックすることだね。

あるいは、robots.txtでブロックしたURLに、Javascriptでリダイレクトすることもできるよ。

Javascriptリンクをたどらないようにするには,、これらの手段を使うといいだろう。”

Googleは、今年6月に開催したGoogle I/O conferenceで、Javascriptリンクを読むようになり、通常の<a>タグで記述したリンクと同じように、PageRankもアンカーテキストも渡すようになったと発表しました。

条件はあるにせよ、「Javascriptリンクを読めない」というのは過去の話になっています。

nofollow属性ではなく、JavascriptでPageRankスカルプティングを実行するという技もあるのですが、こちらもすでに効き目がありません(抜け道はありますけどね)。

また、有料リンクに対するガイドラインを守って、検索エンジンが評価対象にしないようにリンクをJavascriptにしていたとしても、今はそれだけでは不十分です。
nofollow属性を付けなければなりません(もしくは、robots.txtによるブロック)。

健全なリンク販売サービスを提供している場合は、ご注意ください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Javascriptリンクにnofollowを付けられるのか

▲ページの一番上に戻る