[レベル: 中〜上級]

AMPプロジェクトは、AMP HTMLの有効かどうかを検証するウェブUI版のツールを公開しました。
validator.ampproject.orgからアクセスできます。

AMP HTMLのバリデーションチェックには次の2つの方法がこれまでに提供されていました。

この2つにウェブ版UIのバリデーターが加わったことになります。

ウェブUI版のAMP HTMLバリデーターの使い方

ウェブUI版のAMP HTMLバリデーターを使って有効性を検証する方法は簡単です。

次のどちらかのやり方で検証します。

  • 対象AMPページのURLを指定する
  • AMP HTMLコードを貼り付ける

バリデーションチェックに合格

有効なAMP HTMLでありことが認められた場合は、「Validation Status: PASS」が表示されます。

AMPバリデーションに合格

バリデーションチェックに不合格

AMP HTMLに違反が検出された場合は、「Validation Status: FAIL」が表示され、その下にはエラーの詳細が提示されます。

AMPバリデーションに不合格

#development=1は面倒とかChromeを使っていないなんていう人にはウェブUI版のAMPバリデーターは便利なツールになりそうです。
オープンソースなので、自作のツールとしてカスタマイズすることもできます。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPSEOツール › AMP HTMLの有効性を検証するウェブUI版の公式バリデーションチェックツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る