[レベル: 中級]

AMP テストツールとモバイルフレンドリー テスト ツールがコードでの検証をサポートしました。
これまでは、実際に公開されている URL で検証しなければなりませんでした。
現在は公開前にコードレベルで問題がないかどうかを調べられます。

コード検証オプションが追加

AMP テストおよびモバイルフレンドリー テストに「コード」タブが追加されています。
「コード」を選択して、HTML コードを貼り付けてテストできます。

AMPテストツールでのコード検証

モバイルフレンドリーテストツールでのコード検証

コードで検証できるので、まだ公開していないページをチェックするときに役立ちます。
また、ツールの中でコードを編集しながらテストできるのも便利な点です。

モバイルサイトの JS レンダリング検証にも利用可

モバイルフレンドリー テストは、JavaScript のレンダリングがモバイル向けページで想定どおり実行されているかどうかの確認にも応用できます。

生のコードとレンダリング後のコードを比較できます。

レンダリング前後の HTML 比較

リッチリザルトテストツールでも、レンダリング後のコード比較ができました。
今後は、モバイルフレンドリーテストを使用することもできます。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › AMPテストとモバイルフレンドリーテストの2つのツールがコード検証をサポート

▲ページの一番上に戻る