・メルマガ #30(2007/01/21発行)のバックナンバー

Google AdSenseチームが正式にポリシー(規約)を、アップデートしました。
http://adsense.blogspot.com/2007/01/updated-program-policy-page.html

重要な変更点を、かいつまんで説明しますね。

1.公告に隣接した画像配置の禁止

以前説明したとおりです。

アドセンス公告の隣に、画像を配置してはいけません。

ただしどんな画像もNGというわけではありません。
関連があると思わせ、クリックを誘発するような画像です。

公告とは分からずに画像を見て、詳細へのリンクかな、と思わせるようなケースですね。

また、アドセンス公告と「同じ大きさ」、あるいは「公告の一部に見えるような画像」も禁止です。

ようは、「紛らわしいのはダメ」ということです。

ただ、この画像配置の禁止は、判断が難しい場合もありますね。

同じように配置していても、ある人はOK、ある人はNGという事例もあるようです。

不安な人は、アドセンスチームに直接問い合わせて規約に沿ってるか確認しましょう。

これがいちばん確実です。

サイトを作成するたびに、規約違反していないか確認して、安全にアドセンスで大きな収入を得ている人もいます。

2.類似フォーマットのサービス併用禁止

グーグルアドセンスのように、「コンテキストマッチ(コンテンツマッチ)を採用している他社の公告プログラムを、同じページに表示させてはいけない」、というのは、みなさんご存知ですね。

※「コンテキストマッチ(コンテンツマッチ)」とは、ページの内容に合わせて、関連する公告が自動的に表示される仕組みです。

アメリカでは、アドセンス以外にもたくさんのコンテキストマッチ公告プログラムがあります。

余談ですが、3大メジャー検索エンジンの残り2つ、Yahoo!の提供する「Yahoo! Publisher Network(YPN)」や、Microsoftの提供する「Microsoft ContentAds」なんていうのもあります。
(ともにベータテスト中)

日本では、↓が、グーグルアドセンス以外でコンテキストマッチ公告のプログラムを提供してます。

Adconmatch(アドコンマッチ)
https://adconmatch.com/

ブレイナー
http://brainer.jp/

規約に従えば、「アドセンス」と「アドコンマッチの公告」を、同じページに配置してはいけないんですね。

競合他社のサービスは併用してはいけない、ということです。

この規約が、変更になりました。

コンテンツマッチ公告に限らず、「グーグルアドセンスと似たフォーマット、配色の公告およびリンクバナーを設置することが禁止」です。

同じページだけじゃなくて、サイト単位で適用されます。

これまでは、コンテキストマッチでも「Amazonアソシエイト」はアドセンスと同一ページに設置できたんですね。

でも、アドセンスにあるようなフォーマットで、かつ配色を同じページのアドセンスとそっくりにすると、規約違反とみなされる可能性があります。

さらに、コンテキストマッチ式ではなく、内容が固定されている公告でも、同じサイトのアドセンス公告とフォーマットや配色が似ていると、規約に触れてしまいます。

アドセンスとアフィリエイト広告を同じページに設置している人は、注意です。

たとえば、インフォランクを利用している人は、気をつけてくださいね。

あと、アドセンスと同時表示されなくても、アドセンスが表示されることがあるページに、類似した配色の広告を設置することも禁止です。

海外では、AdSenseとYPN(Yahoo!版アドセンス)のどちらかを、同じ場所にランダムに表示するツールが
あったりするんですね。
(僕のWordPressブログでは、これができます)

アドセンスで適当な広告がない場合に、表示される公共広告の代わりに、好きな広告を表示させることができる
「アドセンス代替広告 AdChange(アドチェンジ)」というサービスがあります。
⇒ http://www.muryoutouroku.com/free/free4.html

これも、アドセンスと同じ配色で設定すると規約違反の可能性が大です。

ようは、「アドセンスに似せた公告は使っちゃダメ」ということです。

Googleは、強気です。
広告配布サービスでの覇権を、確固たるものにしたいんでしょうね。

僕たち、広告発行者は従うしかありません。
逆らえば、問答無用でアカウント停止ですからね。

「さわらぬ神にたたりなし」かな。w

今回のネタもとは、ここです。
http://www.jensense.com/archives/2007/01/adsense_competi.html

Google AdSenseやYahoo! Publisher Netoworkなどコンテキストマッチ広告のエキスパート、Jenstarさんのブログです。

今日はここまで。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdSense › アドセンスポリシーがさらに厳しく!

▲ページの一番上に戻る