百度(Baidu)ロゴお隣中国でNo.1シェアのサーチエンジンは、GoogleでもYahoo!でもなく、Baidu(百度)です。

Baidu日本版が正式にスタートしました。

プレスセンターでの発表

百度公司(本社:中華人民共和国北京市、総裁兼CEO:Robin Li、米NASDAQ:BIDU、以下 Baidu)の日本法人である百度株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:陳海騰)が、このたび世界進出の第1号として日本市場向けサービスである『Baidu.jp』を本格オープンすることとなりました。

CEOのRobin Li氏は、中国市場で培った技術をベースにして日本市場でのシェア獲得に自信を覗かせています。

We are very excited to officially enter the Japanese search market. With Baidu’s strengths in developing user-focused Chinese language search and the qualified team we have on the ground in Japan, and given the success we have already encountered after nearly one year of testing our beta site, we are confident
that we can provide a high quality Japanese language search engine.

Baidu(百度)が、Yahoo!(ヤフー!)・Google(グーグル)、おまけでMSN(Live Search)の牙城を切り崩すことができるかどうか。

個人的には、悲観的な見方をしています。

日本の場合、検索精度よりも既存の認知度でユーザーはサーチエンジンを選んでいるように感じるからです。
検索といえば、「ヤフー」です。

検索リテラシーが向上すればどうなるかは分かりませんが、一般への普及すら時間がかかるのではないでしょうか。

でも、たまにはBaiduを利用してみて、使い勝手を体感してみようと思います。

百度SEO対策」のカテゴリができることを楽しみにしています。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPSEM・SEO全般 › 中国No.1の検索エンジンが日本進出

▲ページの一番上に戻る