Live Searchを運営しているMicrosoft(マイクロソフト)が、サイト管理者向けにウェブマスターツールを、リリースすると、Live Search’s Weblogでアナウンスしました。

GoogleのWebmaster Centralや、Yahoo!のSite Explorerに相当するツールです。

主な機能は、次のとおりです。

  • リンク、クローリング、インデックスのデータなどのサイト統計情報
  • クローラ(MSNbot)のクローリングやインデックスを確実にするトラブルシューティングツール
  • サイトマップ作成・送信ツール、Ping送信ツール

このほかにも、さまざまな機能が予定されています。

サーチエンジン分野では、GoogleやYahoo!に完全に後背を帰しているMicrosoftですが、今回のウェブマスターツールは、どうなることやら。
Windows OSなどで培ってきたユーザーエクスペリエンスを上手に生かしてほしいところです。

一般向けのベータ版公開は、今年後半を予定しています。
しかし、一定の基準を満たしたサイトではプライベートベータ版へ招待してくれます。

日本語のサイト、アクセス数という点で受け付けてくれない気がしますが、万が一ということもあるのでこのブログも申し込んでみました。

さて、どうなることやら。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › マイクロソフトがLive Searchウェブマスターツールをリリース

▲ページの一番上に戻る