今日は、あまり縁起のいい話ではありません。

Google AdSenseアカウントを所有している発行者が死んだら、そのアカウントはどうなるのでしょう?

配偶者や子供たち親族、友人、ビジネスパートナーなどに引き継ぐことができるのか?

こんなスレッドが、WebmasterWorldでたてられました。

Google代表のフォーラムメンバー、AdSenseAdvisor氏は次のように発言しています。

We get quite a few emails about this issue, from both publishers and their surviving relatives. Different people choose to deal with the AdSense accounts of deceased publishers in different ways. It’s always good to have a plan, but we understand that many people don’t. While I can’t offer you a “right” answer to the question, know that the team is extremely sensitive to these situations and will work with publishers and their survivors to make sure everything is resolved as smoothly and comfortably as possible.

実際に、アドセンスアカウントの相続に関するかなり多くの問い合わせが寄せられているそうで、対応のパターンは、さまざまだそうです。
Googleと相続者にとって、事がいちばん円滑に進むように配慮しながら対応しているとのことです。

アカウントの相続には、アドセンスのサービス利用権だけではなく支払い予定の報酬も含まれます。
高額な収益があればなおさらのこと、遺族にとってアカウントの引継ぎは重要な問題です。

近いうちに、相続に関するポリシーが制定されることも考えられます。

遺言状に、アドセンスアカウントをどのように相続するかを記する時代が、やってくるかもしれませんね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPSEM・SEO全般 › アドセンスアカウントと遺産相続

▲ページの一番上に戻る