「外国人のユーザーにも、自分のサイトを見てほしい」

そんな願いを叶えてくれる、Translation widgets(翻訳ツール)があります。

ひとつは、Microsoft(マイクロソフト)のLive.comが提供する、「Live.com Translator (Web ページの翻訳機能)」です。

Windows Live 翻訳サービス

つい最近、登場したばかりです。

ビジターが翻訳サービスを利用すると、Windows LiveのTranslatorにリダイレクトされて、自動的にサイトが指定した言語に翻訳されます。

Googleも、翻訳ツールを提供しています。

Google Translate(Google 翻訳)」といいます。

こちらは、Googleの翻訳サービスのサイトに転送されます。

設置方法は簡単で、それぞれのサイトにアクセスして、自分のサイトの言語を指定してから、コードを貼り付けるだけです。

Yahoo!が買収したBabel Fishにも、同じような翻訳ツールがありますが、こちらは英語から日本語にできても、残念ながら日本語から英語にはできません

使うとしたら、Live.comかGoogleのどちらかということになります。

翻訳の質は、“そこそこ”です。
どちらかというと、Googleに軍配が上がります。
(Microsoftは、ここでもGoogleに後れを取っていますね)

さらなる技術の進歩に期待です。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPSEM・SEO全般 › あなたのサイトを英語に翻訳しよう

Comments

  1. By on

    前にコメント書いたんですが、googleのツールは使えそう、(知りませんでした)職場で、エキサイトとか、バベルフィッシュとかつかってみて、訳がめちゃくちゃだったので、googleもそんなものかと思っていました。

    しらなかったので、有難うございました。
    でも、アメリカに住んでいるので、欲を言うと、私の文体じゃないかな、と思いました。でも、これを元に校正すればいいかもしれないので、
    これは以外と、よさそうです。(でも、文章は口語体になってしまって、自動的に私の人格まで決定づけられてしまっていて、ちょっと応用にかけるとは思いました。)

     いずれにしても、英語は、やっぱり自分で勉強しないと、ニュアンスとかいろいろ伝わりにくいことがあると思いますので、勉強するべきだと思います。

  2. By 【海外SEO】鈴木謙一 on

    busybuzzyさん

    Live.comのに比べるとGoogleのほうがマシですが、それでも意味が通じないところがたくさんありますね。
    現状の機械翻訳の限界でしょうか。
    最終的には、自分で修整しなければなりませんね。


    すずき

▲ページの一番上に戻る