[レベル: 上級]

Twitterのモバイル向けサイトが PWA(プログレッシブ ウェブ アプリ)に対応しました
ブラウザからの利用でも、あたかもアプリからのような使い勝手を実現しています。

アプリのように使えて、軽快な Twitter Lite

PWA 版の Twitter モバイルサイト は “Twitter Lite“(ツイッター ライト)と名付けられています。

ただし、lite(”軽い”の意)といっても、通常のウェブ版やアプリと比べると機能が絞られた限定版という意味ではなく、”軽快”に使えるという意味が込められています。

僕は、スマホからの Twitter には純正アプリ(とサードパーティ製アプリ)を使っていましたが、PWA 版の Twitter Lite を数日使ってみて乗り換えました。
アプリに遜色ない使い勝手です。

アプリに引けを取らない Twitter Lite

PWA の最たる機能はホームスクリーンアイコンです。
Twitter Lite にももちろん備わっています。

Chrome の場合はメニューから「ホーム画面に追加」を選択します(スクリーンショットは、英語なので「Add to Home screen」になってます)。

Add to Home screen

スマホのホーム画面に Twitter Lite のアイコンが出現します。

Home Screen Icon

「ホーム画面に追加」を選択しなくても、間隔を空けて Twitter に訪問するとアイコンをホーム画面に設置するかどうかを尋ねてきます。
この能動的な促しも PWA の優れた点です。

アイコンをタップすると、PWA 版の Twitter が立ち上がります。
URL バーがないフルスクリーンです。
見た目からして、ブラウザではなくアプリですね。

Twitter Lite

プッシュ通知も届きます。

プッシュ通知

通知元が アプリではなく、Chrome(僕は Beta を使ってます)の mobile.twitter.com からになっているのがわかります。

僕は、PWA サイトのアプリ化を設定しているので、アプリドロワーにも Twitter Lite が登録されます。

アプリドロワーに加わった Twitter Lite

PWA の定番機能であるオフラインアクセスも Twitter Lite は実装しているとのことです。

回線速度が安定して速い日本では軽量の恩恵は感じづらいのですが、インドや東南アジア諸国のように回線速度が遅い新興国では特に Twitter Lite は重宝されるように思います。

この記事では触れていませんが、Twitter Lite では、ユーザーがタップした後に初めて画像を読み込ませることができます。
ぼんやりとした輪郭だけの画像を最初は表示します。
転送する画像データのサイズを少なくするためです。
本当に見たい画像だけをダウンロードさせることで、スピードアップを図っているのです。

Twitter のような世界でも有数のメジャーサイトが PWA に対応したことで、PWA の普及にはずみがつくかもしれませんね。

Twitter Lite は Chrome ほか、Firefox や Opera で利用できます。
残念ながら iOS の Safari は未サポートです。

利用できる環境にあるなら、Twitter Lite で PWA を体験してみてはいかがでしょうか?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › PWAに対応したTwitter Liteをツイッターが公開、アプリのような使い勝手をモバイルサイトで実現

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る