[レベル: 中級]

Search Console の検索パフォーマンスのデータが正規 URL に統合されてレポートされるようになります。
【UPDATE】記事公開時は 3 月下旬と公式アナウンスに書かれていましたが、4 月 10 日に更新されました。この記事のタイトルも変更しました。

重要な変更なので、日本語の翻訳記事が近いうちに必ず公開されるでしょう。
ここでは、変更のすべてを詳細には解説しません。
日本語記事を読むときのための準備として概要を説明します(英語に不自由がない方は、もちろん今すぐ原文を読んでください。)

影響を受けるサイト

データ集計方法の変更によって影響を受けるのは、主に次の構成のサイトです。

  • 別々の URL でモバイル向けサイトと PC 向けサイトを配信している
  • AMP を配信していて別プロパティで管理している(Canonical AMP 構成を除く)

どちらかに当てはまる場合は、どのような変化があるのかをよく理解しておく必要があります。

AMP 対応していないレスポンシブ ウェブ デザインと動的な配信のサイトはほぼ影響を受けません(かるく読み流して大丈夫です)。

データを正規 URL に統合

次のように、別々の URL 構成で PC 向けサイトとモバイル向けサイトを配信していたとします。

  • PC: https://exmaple.com
  • モバイル: https://m.example.com

この構成では、https://exmaple.com が正規 URL になります(Search Consoleに登録するサイトレベルでは正規プロパティになる)。
https://m.example.com は代替 URL になります(Search Consoleに登録するサイトレベルでは代替プロパティになる)。

現在は、https://exmaple.com(PC 向けサイト) と https://m.example.com(モバイル向けサイト)の検索パフォーマンスのデータは別々にレポートされます。

PC 向けページの表示回数やクリック数は、PC 向けサイトのプロパティ(https://exmaple.com)に記録されます。
一方、モバイル向けページの表示回数やクリック数は、モバイル向けサイトのプロパティ(https://m.example.com に記録されます。

今後は、正規 URL/正規プロパティ である PC 向けサイトにすべて記録されます。

たとえば、今までは次のようなクリック数のレポートだったとしましょう。

  • PC 向けサイトのクリック数: 10,000 回
  • モバイル向けサイトのクリック数: 5,000 回

今後は次のようになります。

  • PC 向けサイトのクリック数: 15,000 回
  • モバイル向けサイトのクリック数: 0 回

すべてのデータは PC 向けサイトである正規プロパティ(https://exmaple.com)に合算されます(実際には、完全にモバイル向けサイトに正規化されるとは限らないので、モバイル向けサイトのレポートはまったくゼロにはならないと思われる)。

蛇足ですが、モバイル ファースト インデックスに切り替わっていると、“インデックス” という観点からはモバイル向けサイトのものを本来は正規 URL と呼ぶべきなのに、rel=”canonical” で指定する正規 URL は PC 向けページだったりしてややこしく感じます。

いずれにしても、モバイル向けページであろうが AMP ページであろうが、Google が正規 URL とみなした URL にデータは統合されます。
概して言えば、rel=”canonical” で指定した URL が正規 URL になります。
Google が正規とみなした URL は URL 検査ツールで確認可能です。

検索パフォーマンスのデータ統合で気になる疑問

検索パフォーマンスが正規 URL に基づいてレポートされるようになることに関連して出てくる疑問についても、Google は説明しています。

いつ変更されるの?

3月下旬頃の変更を予定しています。
【UPDATE】4 月 10 日の切り替えを予定しています。
切り替わりから 2、3週間くらい(4月上旬の間?)は、新旧両方のレポートを見ることができます。
【UPDATE 2】すでに切り替わっているユーザーもいます。古いレポートは、4 月 10 日まで見ることが可能です。つまり、4 月 10 に完全に切り替わります。
正規 URL に基づくパフォーマンス データを表示しています

変更が適用される対象期間は?

2018 年 1 月 10 に以降のデータから統合されます。

モバイル向けページだけのレポートは見られなくなるの?

フィルタで端末を「モバイル」にすれば、モバイル向けページだけのレポートを見ることができます。
同様に、検索での見え方フィルタで「AMP」だけに絞り込むことができます。

以上です。

冒頭で触れたように、特に、別々の URL を採用したでモバイル向けサイトは、検索パフォーマンスのレポートに大きな変化が出るので変更を認識しておいてください。

詳細は、英語版公式ブログのアナウンス記事を参照してください。
もしくは、近いうちに出るであろう日本語訳記事を待ってください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Search Consoleの検索パフォーマンスのデータが正規URLに統合されてレポート。2019年4月から変更

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る