[レベル: 上級]

Googleは、求人・転職向けサービスの提供を開始するようです。
Google Hire という名称のサイトが公開されています。

Google Hire

Google Hire にアクセスするとログインのスプラッシュページが現れます。
しかし、ログインすることはできません。
まだ一般には公開されていないからでしょう。

Google Hire

Axios が報じるところによれば、Google Hire は、企業が求人情報を登録し、その求人に対する応募を受け付けることができるプラットフォームになっているようです。

ウェブから求人情報を Google が自動的に収集して、まとめあげる仕組みではありません。

正式公開ではないものの Google Hire はすでに稼働しています。
Warner Bros. の子会社である DramaFever や、スタートアップ企業の Medisas や Poynt が採用に利用しているとの情報もあります。

Bebop

Bebop という企業を 2015年に Google は買収しました。
Bebop は大規模な採用システムの構築・維持を容易にするプラットフォームを開発していました。

Google Hire は Bebop の技術をもとに作られていると推測されます。

また Google は、クラウドコンピューティングに積極的に投資しています。
Bebop のテクノロジーを利用した企業の採用支援にもクラウドコンピューティングの力を活用する計画とのことでした。

Google Hireは、Greenhouse や LinkedIn といった大手のジョブサイトの競合になることが予想されます。
ひょっとしたら彼らは戦々恐々としているかもしれません。

とはいえ、Google Hire まだ試験段階で、(おそらく)米国企業向けです。
日本の求人・採用サイトにとっては、差し迫った脅威とはならないでしょう。

それでも、いずれは世界展開という可能性は否定できません。
動向に注視しておきたいものです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google Hire――求人・転職サイトをGoogleが公開、リクルーティングサイトの脅威になるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る