[レベル: 初級]

サイトマップファイルで指定できる priority をGoogleは利用しません。
一方で、lastmod は利用します。

priority はノイズ、lastmod は正確なら

priority はクロールの優先度を指定する要素です。
0.0 から 1.0 までの値を指定することで、検索エンジンのクローラに重要なページを知らせます。

lastmod は、URLの最終更新日を指定する要素です。
いつ更新されたのかを検索エンジンに伝えることができます。

Google の「priority の不使用」と 「lastmod の利用」はこのブログとWeb担当者Forumコラムで何回か説明したことがあります。

ゲイリーがこのことについて最近ツイートしていたのでおさらいしておきましょう。

priority は使わない

僕たちは priority は無視する。本質的に不要な情報の集まりだ。

「クロールの優先度」と聞くと、すべてのURLの priority を「1.0」にしたくなります。
ですが、そんなことをしてもクロール頻度は上がりません。(笑)
ゲイリーが言っているように Google はサイトマップの priority を使用しません。

サイトマップ生成ツールには priority を設定できるものも多いのですが、何にしても使われることはないので、値をどうするかに悩む必要はありません。

lastmod は正確なら使う

priority とは異なり、lastmod の情報を Google はクロールに利用することがあります。

lastmod で指定された更新日が新しくなっていれば優先的にその URL をクロールします。
したがってページを更新した場合には、lastmod を設定しておくといいですね。

ただし、サイト全体を早くクロールさせよう企てて、更新もしていないのに偽りの lastmod を設定すると Google はサイトマップを信用しなくなります。

lastmod が十分に正確なら利用すると思う。

乱用が認められた場合は lastmod を信じなくなると僕は直接ゲイリーから聞いたこともあります。
ウソの lastmod を指定してはいけません。

prioritylastmod に関する言及が今はヘルプ記事には見当たらなくなっています。
とはいえこの記事で説明したことは、Googleによるサイトマップの扱われ方として知っておくといいでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleは、サイトマップのpriorityを無視する。lastmodは正確なら利用する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る