AMPページからの強調スニペットがスクロール済みでハイライト表示

[レベル: 中級]

新年あけましておめでとうございます。

2019年最初の投稿では、強調スニペットと AMP の組み合わせによるモバイル検索の新しい機能を紹介します。

AMPの強調スニペットがジャンプ&ハイライト

強調スニペットに引用されるページが AMP だった場合に検索結果からそのページに訪問すると、引用された部分にダイレクトに連れて行かれます。
そして、引用された部分はハイライト表示されています。

こちらは、”what is amp stories”(AMP ストーリーとは)のクエリで出てくる強調スニペットです。
AMP 公式サイトからの引用されており、リンク先ページは AMP 対応しています。

タップすると、通常はそのページの先頭が表示されます(これは、強調スニペットに限りませんね)。
しかしながらこの強調スニペットは、引用箇所までスクロールした状態でリンク先ページが表示されます。
しかも、引用箇所はオレンジ色でハイライトされています。

このオレンジ色ハイライトは、元々からある装飾ではありません。
Google が勝手に付けたものです。

スクリーンの下には、”Scrolled to section”(セクションまでスクロール済み)と “Go to top”(先頭に戻る)というメッセージが表示されています。

別の例を見てみましょう。
同じように、AMP 対応したページからの強調スニペットです。

1つ目と同様に、ページの当該箇所までスクロールした状態で、ハイライト表示されます。

リンク先が AMP ページであっても必ずしも「スクロール済み・ハイライト表示」になるとは限りません。”what is”(〜とは)のように、比較的短い文で回答できる強調スニペットに適用されているようです。

当該の場所がすぐに表示されるし、かつハイライトされていて目立つのでユーザーにとってはわかりやすくなるのではないでしょうか。

AMP なので、モバイル検索だけで見ることができます。
検索結果の場合、AMP ページはキャッシュから返されるため、Google 側でハイライトのような加工ができるのでしょう。
AMP ならではの機能と言えそうです。

ただし、米 Google (google.com) では再現できますが、日本の Google (google.co.jp) では確認できていません。
日本でも見つけたら教えてください。

[H/T] 9to5Google

【UPDATE】
日本の Google 検索でも確認できました。

バカ毛さん、情報提供ありがとうございました!