はてなブックマークに追加

本格的にサイトを運営していくうえで、充実した機能を持つアクセス解析ツールの利用は必須です。

有償、無償と数多くのアクセス解析ツールがありますが、やはりいちばんのおススメはGoogle Analyticsです。

アドバンスセグメントは簡単にフィルタリングが設定できてとても便利だし、つい最近はイベントトラッキングがすべてのユーザーに提供されたり、Google Analyticsでの目標設定をAdWordsにインポートできるようになったりと、ウェブ検索に負けずに進化を続けています。

アドバンスセグメントで検索エンジンからのアクセスを比較

イベントトラッキング

リニューアルのアナウンスがあったホームページには、モーショングラフが紹介されているので、近いうちの日本語版への対応を期待したいところです

モーショングラフとは

というわけで、今日はGoogle Analyticsがテーマですが、取り上げるのは最新の情報ではありません。

1つのサイトを複数アカウント、複数プロファイルでトラッキングする設定をお伝えします。

Google Analyticsは、他のユーザーを管理者権限で追加することができます。

しかし、追加したユーザーが実行した変更はもともとの管理者の設定にも反映してしまいます(同じプロファイルをいじっているのですから当然ですね)。

しかし管理を完全に分けたい場合があるでしょう。

また、世界中をターゲットにしている場合は、タイムゾーンや通貨を対象国に合わせて解析したいはずです。

複数のトラッキングコードを同じ1つのページに設置すると、干渉が発生してデータを正しく取得できません。

そこで、トラッキングコードにちょっとした細工を施して、複数のプロファイルでデータを収集できるようにします。

こちらは標準のコード(の一部)です。

<script type="text/javascript">
try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>

これを下のように、修正します。

<script type="text/javascript">
try {
firstTracker = _gat._getTracker("UA-xxxxxx-x");
firstTracker._trackPageview();
var secondTracker = _gat._getTracker("UA-yyyyyy-y");
secondTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>

firstTracker、secondTrackerという関数を用います。
斜体のUA-xxxxxx-xUA-yyyyyy-yには、対象となるGoogle Analyticsの固有のIDを代入してください。

これで、別々のアカウントで独立してトラッキングできます。

1つ注意点があります。

バーチャルページビューでtrackPageviewを呼び出したり、イベントトラッキングでtrackEventを呼び出したりするときは、pageTrackerではなく、firstTrackerもしくはsecondTrackerに入れ替える必要があります。
(僕はこれが分からず、GAのサポートに教えてもらいました。ありがとうございます。)

1つのサイトを複数アカウントで管理するというのは、そうそうあるケースではないかもしれませんが、いざというときのために覚えておくといいでしょう。

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

Sponsored Links

Privacy Policy

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

この記事にはまだコメントが投稿されていません。

コメントを投稿する

※下の英数字のキャプチャコードを入力してから投稿してください。
*