はてなブックマークに追加

Googleが、地域性を表すキーワードを直接指定しなくても、マップを表示するようにローカル検索を拡張したことをお伝えしました。

▼「ファミレス」だけの検索でもローカルリスティング(地図)が表示される
Googleで「ファミレス」を検索した結果

Officail Google Blogが、この機能拡張を公式アナウンスしました。

Search Engine Landによると、一部のユーザーに対するテストではなく、全世界の全ユーザーに対して公開した標準のGoogle検索になります。

検索者の位置情報は、IPアドレスをいちばんの手がかりにしていますが、今後は三角測量やGPSを使って、位置情報の取得を改良していきたいとのことです。

どのキーワードに対してローカルリスティングを表示するかは、アルゴリズムで処理していて、地図を表示したほうがユーザーにとって役に立つと判断したときに、地図表示します。

地域を示すキーワードが入れて検索が実行されたときは、ローカルリスティングはSERPのいちばん上に表示されますが、今回の拡張では通常4位の場所に位置します。

これは、地域を絞って検索した場合よりも、ローカルな情報を求めている意図が薄い場合が多いからです。

「個室ダイニング 渋谷」は明らかに渋谷にある個室ダイニングを探しているので、地図をトップに持ってきます。

しかし、「個室ダイニング」は必ずしも店舗の場所を探しているとは限りません。

Googleの通常検索のマップ表示拡大が、今後のサーチエンジンマーケティングに及ぼす影響を、SEMリサーチで渡辺氏が考察しています。

インターネットで集客しているサイト管理者の多くにとって、直接かかわってくる問題になりそうなので、ぜひ読んでください。

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

Sponsored Links

Privacy Policy

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

この記事にはまだコメントが投稿されていません。

コメントを投稿する

※下の英数字のキャプチャコードを入力してから投稿してください。
*